天才!信長から歴史の散歩道へ


by tyuzuki715
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

76・・・天才・カエサル

          ユリウス・カエサル


ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Julius Caesar、紀元前100年頃(紀元前102年とも) - 紀元前44年3月15日[1])は、共和政ローマ時代末期の政治家、軍人であり、文筆家である

 ユリウス・カエサルはローマの共和政に幕を引き、壮大な世界帝国への道筋を引いた不世出の創造的天才であった。

イタリアの普通高校の歴史の教科書で、カエサルについて次のように記されている。
指導者に求められる資質は「知性・説得力・肉体上の耐久力・自己制御の能力・持続する意思」であるが、カエサルだけが、このすべてを持っていた。・・・と。

 ユリウス・カエサル曰く
「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。
多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない。

★★★
ガイウス・ユリウス・カエサル
カエサル (称号) - ローマ帝国皇帝の称号(君主号)。
カエサル家 - 古代ローマのパトリキ系の氏族であるユリウス氏族に属するコグノーメン(家族名)。

歴史上、英語読みでジュリアス=シーザーと呼ばれる。

 カエサルは、紀元前100年ローマの貴族の家に生まれた。
これには異説もあるが、ともかくイエス=キリストが登場する約100年前、彼はこの世に生を受けた。

生まれた日は7月13日であったというが、のちに彼は神として祀られ、彼の生まれた月がユリウス(Julius)の月、すなわちJulyと呼ばれることとなった。

また一般にローマ人は3つの名前を持つが、この3つは、個人名・氏族名・姓である。
つまり、ガイウス=ユリウス=カエサルとは、ウェヌス(ヴィーナス)神の末裔であるユリウス一族の、カエサル家の、ガイウスさんということになる。

★★★カエサル語録
「賽は投げられた」
「来た、見た、勝った」
「ブルータスおまえもか」

★★★
伝説によればローマはBC753年にロムルスにより建国され、 BC510年に王政を廃止し、BC509年から共和政が始まったとされる。
だから、一口に共和政と言ってもBC509年からBC27年までの約5世紀という長い期間になる。
[PR]
by kenji1942 | 2010-03-06 21:51 | ローマ帝国の興亡