天才!信長から歴史の散歩道へ


by tyuzuki715
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

信長63・・・本能寺の変・・13

信長暗殺の首謀者は誰だ・・2

天下を震撼させた「本能寺の変」は、戦国最大の謎とされる。
「実行犯」は明智光秀であることは間違いないが、共謀者・黒幕の存在が各研究家・小説家から指摘されて久しく、本能寺の変後400余年を経た今も諸説紛々である。

光秀単独説

「本能寺に宿泊した信長が無防備に近い状態であることを知った光秀が天下獲りの野望の駆られて挙兵した。」

★フロイスの「日本史」は「光秀の過度の利欲と野心が募りに募り、ついにそれが天下の主となることを彼に望ませるまでになった。」・・と説明しているが根拠は無い。


信長に中国攻めの応援を命じられた光秀は、「丹波・南近江の代わりに出雲・石見を与えよう」との信長の指示を、山陰への左遷・未支配地への国替えの懼れにより進退窮まって本能寺の変を起こした」

★桑原三郎氏の本能寺の変の一起因(歴史地理)によると、この時期、織田信孝が光秀の丹波国人に対して四国攻めの動員をかけるなど、光秀の支配権力を否定する動きがあり、光秀は自己防衛の為に挙兵したとされる。

★中国攻めの司令官は羽柴秀吉であり、その下風に立つことになった光秀は絶望的になって本能寺の変を起こした。

★四国の長宗我部氏に対する織田家の申次役を務めていた光秀は、長宗我部氏攻めが決定されてその司令官が織田信孝・副司令官に丹羽長秀が任命されたこと、秀吉も四国に対する発言力を増してきたことに敗北感と屈辱感を募らせ、本能寺の変を起こした。
[PR]
by kenji1942 | 2011-02-11 21:53 | ブログ 信長