天才!信長から歴史の散歩道へ


by tyuzuki715
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

織田家のメインバンク 商都・熱田と津島湊

 熱田は東海道と伊勢湾に面した交通の要衝で、熱田神宮の門前町として古くから商業が盛んな地域だった。
尾張の領主・織田氏にとって、膝元の商業都市は重要な資金源であり、その存在は領国支配に欠かせないものであった。
叉、津島湊は、昭和初期の神戸・横浜に匹敵する大貿易港であり、日本の東西物産交流の接点でもあった。紙・木綿・・塩・海苔・魚鳥など多種な商品が売買され、伊勢の甲冑・弓矢などの武具職人の店も多かった。

信長の世間の常識をかえりみない、自らの判断力によって前途を切り拓いてゆこうとする傾向は、信長の祖父・信定にもあった。
信定は尾張国下四郡守護代・織田広信の家老であった。信定は諸事に用心深い性格であったが、尾張隋一の商品流通市場である津島を攻めて我が手に治め、商人の大半を我が被官として従えた。

信長の父・信秀の織田家(弾正忠家)は、元々尾張守護代を務める清須城主・織田氏の被官で「三奉行」の一人に過ぎなかった。
しかし、信長の父・信秀の代に熱田の豪商・加藤氏と親交を結び、経済的な後押しを得て勢力を伸張し、守護代・織田氏を凌駕する実力を蓄えるほどになった。

 熱田の豪商と津島の町衆の財力は、信定の息子で信長の父である織田信秀が織田大和守家中で頭角をあらわしてゆく過程で財源としての役目を十分に果たした。

 その結果信秀のもとへ金がなだれこんできて、多数の兵士を養う軍資金となり、尾張を支配していた織田一族を代表する武将となり、天才・信長に引き継がれたのである。
  
[PR]
by kenji1942 | 2005-08-04 19:17