天才!信長から歴史の散歩道へ


by tyuzuki715
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:三国志・・曹操( 28 )

三国志 三国の終焉

263 蜀・・魏軍が侵入し劉禅が降伏、二代42年で蜀が滅亡。
265 魏・・晋の司馬炎に禅譲し、五代45年で滅亡。
280 呉・・晋軍に降伏し、四代59年で滅亡。

 後漢王朝が滅び、魏・蜀・呉がそれぞて独立してから四十数年たった。
まず滅びたのは蜀である。魏の侵入に、二代目劉禅はあっさり降伏してしまった。その魏も二年後、司馬氏に乗っ取られて滅び、晋にとってかわられる。
そして、最期に残った呉も、その15年後、晋の侵入によって滅亡し、三国時代は終焉を迎える。
 
 この間楽し、蜀を思わず。(蜀書・後主伝注)
(退位してからは楽しくて、蜀のことなど思い出しません)

 蜀の二代目、劉禅は父の劉備と違って「凡庸」とされて何らの事跡も残していないが、その在位40年間、三国の君主の中では最長記録を作り、曲がりなりにも持ちこたえたのは「凡の非凡」ともいうべきか。それは、孔明が礎を固めてくれたからであるが。

 劉禅は魏に降伏してから洛陽に止められて8年を過ごし、魏が晋に代わるさまも見て、65歳で没した。

 司馬炎は、魏の相国・晋王となったが、程なく炎は禅譲をせまり、みずから帝位について晋を建てた。

 三国のうち、最期に滅びたのは呉である。
孫権は、よく曹操、劉備に対抗して呉の守りを固め、南方の強国に育て上げた。その在位は呉王として7年、呉の大帝として24年に及んだ。
孫権の前半は創業者の名に恥じなかったが、その晩年は後継者問題でつまずきを見せる。
名将・陸遜 も後継者争いに巻き込まれて憤死する。

279年、司馬炎は20数万余の大軍で呉を討つ。
280年、呉の首都・建業(南京市)はたちまち陥落し、呉が滅ぶ。

ここに、三国時代の終焉をむかえたのである。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-13 08:40 | 三国志・・曹操
223劉備没して劉禅、即位する 
224蜀・呉の同盟関係成る
225孔明・南征する
226魏の文帝・曹丕没す
227孔明・「出師の表」を帝・劉禅に呈して漢中に進駐し魏軍と対決
228春・魏に蜀軍破れ、孔明「泣いて馬謖を斬る」
229呉王・孫権 帝位につく。孔明第二次出撃 
231孔明第四次出撃・祁山を攻める
234孔明第五次出撃 五丈原で没す。

劉備が没し、17歳の劉禅が即位して以来、蜀の屋台骨は孔明の双肩にかかってくる。いらい11年間、孔明は五丈原で病没するまで、よく劉備の遺嘱にこたえて蜀を守り抜いた。

 南中平らぎ、みなそのきょすいにつけてこれを用う。(蜀書・諸葛亮伝注)
(孔明は南中を平定すると、各地の管理は現地人の指導者にまかせた)

 孔明の南征における占領政策である。
占領した地域では、外来者が力ずくで違うやり方を押し付けるのでなく、地元の人間自身に管理させ、その土地の風俗習慣を尊重して、住民を安堵させようというのである。

 この政策では占領地での威令が行なわれないのではないかと心配して、政策変更を進言する者があった。だが孔明は言う。

「外来の司政官を置くとなれば、軍隊を駐留させることになり、軍隊を駐留させれば食料を補給せねばならぬ。これが第一の問題である。
次に異族たちは戦いに敗れ、身内に戦死者も出している。護衛兵もつけず外来の司政官を置けば、きっと不祥事がおきる。これが第二の問題だ。

さらに異族たちはかねてから中央の役人を殺したりしているので、罰をおそれており、司政官を置いたらますます不信をまねくだろう。これが第三の問題である。だから私は軍隊を駐留させず、秩序を回復し、漢人も異族も安心して暮らせるようにしてやりたいと考えているのである」

 この時、劉禅は22歳になっていた。
劉備の遺言を守って孔明に父事する素直な若者ではあったが、帝王としての覇気もなく孔明は気がかりでならなかった。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-10 15:10 | 三国志・・曹操
223 孔明、劉備病気の報に成都から白帝城に到着(2月)
    劉備、白帝城(実は永安宮)で病没(4月) 

呉・孫権と戦って敗北した劉備は白帝城に逃げ戻って1年足らずで、孔明に我が子を託して病没する。

孔明に対する有名な遺言である
 君の才は曹丕に十倍す。必ずよく国を安んじ、ついに大事を定めん。もし嗣子(劉禅)、たすくべくんばこれをたすけよ。もしそれ不才ならば、君、自ら取るべし。(蜀書・諸葛亮伝)
(我が子が補佐するに足るようだったら補佐して欲しい。だが、もし我が子がその器でないと判断したら、君みずから取ってかわってくれ)

 死の直前、成都から駆けつけた孔明との対面は「三国志」の圧巻である。
我が子に才能が無ければ、取って代わってくれと言う劉備。命に代えても守り抜く事を誓う孔明。両者の固い結びつきは、長く東洋的な人間関係の理想となった。

ここまで信頼されて感激しない人間はいないだろう。孔明は涙に咽びながら答える。
「臣、あえて股肱の力をつくし、忠貞の節をいたし、これに継ぐに死をもってせん」

劉備の病が篤くなった時、劉禅は遠く成都にあった為、遺言をしたためた。
それは「はじめは軽い下痢と思っていたが、余病を併発してもう助かるまい」と言うところから書き起こし、切々とした心情に溢れている。
「人五十なるは夭と称せず。年すでに六十有余、なんぞまた恨むところあらん。また自ら傷まず、ただ卿ら兄弟をもって念となすのみ」

劉備は孔明が成都に到着してから2ヶ月後に没した。
63歳、劉禅は17歳、孔明は43歳であった。

「三国志」の編纂者・陳寿はいう。
劉備は後世、孔明の名に隠れて影がかすんでいるが、孔明のような人物を心酔させ、その能力を思い切って発揮させたのは類稀なる統率力をもっていたからであろう。
確たる根拠地も兵力も無かった劉備が、転々としながら動乱の世を生き抜いていけたのは、その人間関係に負うところが大きい。ひとたび劉備に接した者は、ライバルの曹操ですら、その魅力のとりことなってしまったのである。漢の皇室の血を引くと言う、あやふやな条件だけでは、人々をひきつけることは出来なかった事はいうまでも無い。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-10 10:30 | 三国志・・曹操

三国志 劉備大敗す

221 劉備、帝位につき蜀(漢)を建つ(4月)
    蜀の将軍・張飛、暗殺される(6月)
    劉備、孫権討伐の為成都を出発(7月)
    孫権、曹丕に臣従して呉王に封ぜられる(8月)

222 劉備、呉の陸遜 に大敗し、白帝城に帰還(6月)

 劉備は皇帝即位後三ヶ月で、呉に対して開戦する。
これに対して呉は、魏の曹丕に使者を送って臣従を誓い、側面からの脅威をなくしておいて、陸遜 を差し向け蜀軍を迎え撃つ。
長江三峡を彩る決戦は劉備の大敗に終わる。

 情の人・劉備は、関羽を悼むあまり、戦略的利害を考えることなく、無謀な復讐戦を起こし敗れたのである。

 孫権の親魏政策は、あくまでも両面作戦を避けるための戦略であった。
あとの事になるが劉備との戦いに勝ち、蜀の脅威がなくなったとたん、孫権は魏に叛旗を翻して独立し、年号を自前の「黄武元年」(222)と変えるのである。

そして7年後、彼は帝位につき、都を建業(江蘇省)に移すのであった。

孫権が諸将を諭した言葉である。
存して亡を忘れず、安くして必ず危うきを慮れ(呉書・呉主伝)
(存続している時には滅亡の事を忘れず、安泰な時にこそ危機に備えよ)

呉の陸遜 と蜀の劉備の戦いである。
持久戦は半年近くに及んだが、陸遜 の火攻めの計が成功し、劉備軍は一挙に壊滅してしまう。

われすなわち遜の折辱するところとなれり。あに天命にあらずや。(呉書・陸遜 伝)
(わしもついに陸遜 めにしてやられた。天命に違いない)

 ともかく蜀軍は総崩れとなり、劉備は夜陰に乗じて辛うじて脱出し、往路を逆に取って白帝城に逃げ込んだ。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-09 05:52 | 三国志・・曹操

三国志 後漢の滅亡

 魏・蜀・呉の対峙状態がほぼ固定化してきたとは言え、まだ後漢帝国は存在し、名目上ながら献帝の治世はつづいていた。
曹操の死の翌年、この状況は一挙に崩れ、魏帝国・蜀帝国があいついで誕生する。

 まず、帝位についたのは、曹操のあとを継いだ曹丕である。
彼は父・曹操の果たさなかった魏王朝創建を達成する。これを知った劉備も翌年、帝位につく。
孫権が「帝」を名乗るのはもう少しあとになるが、彼もまた元号を改め呉国を建てるのである。

献帝は曹丕に譲位することを表明する。
つつしみて汝に位を譲る。ああ、いまや天命はそなたの身上にあり。(魏書・文帝記)

 曹丕は曹操のあとを継いで、はじめは後漢の帝相兼魏国王となった。
そして十ヶ月後、献帝を廃してみづから帝位につき、魏帝国を樹立するのである。

 天子が子孫にでなく、「有徳の人物」に譲位する事を特に「禅譲」と言う。
これは尭帝・舜帝の伝説を模範とした政権交替の形であり、曹丕のときから始まったと言われる。以後の王朝交替は殆どこの方法を踏襲しており、時には明らかなクーデターですら、「禅譲」と言う形式をとったのである。

 在位30年の大半を曹操のロボットとして過ごした献帝は、ここに政治生命を終えるのである。だが禅譲のお陰で生理的生命は保ち続け、山陽公に封ぜられて14年後に没する。

 後漢は十二代・百九十六年、前漢から数えると、王莽の短命政権十八年をはさみ、四百二十六年で滅びたのである。

 去っていく旧権力者・献帝は「強制されたのではなく、みずからの意思で適任者に譲ったのである。として面子を損なわずに勇退できる。
又、新たなる権力者の曹丕は「正統な手つづきを踏んだ権力者」であると言う大儀名分を得る事ができたのである。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-07 21:37 | 三国志・・曹操

三国志 曹操の人材活用

 それ、有行の士は未だ必ずしもよく進取せず                                       進取の士は未だ必ずしもよく有行ならず。(魏書・武帝記)
(人格者は必ずしも仕事が出来るとは限らず、仕事が出来る者は必ずしも人格者とは限らない。)

困った事だが、これが現実の姿である。政治の世界であれ、ビジネスの世界であれ、又、学問、文化といった分野でも同じことが言える。
人格者で仕事が出来るというに事にこしたことは無いが、一方が欠けている時に、どちらを欠く人間をとるか?
「儒家」は「いかに仕事が出来ても人格劣悪であれば用いない」という立場であり、「法家」は「人格より仕事が第一」と言う立場をとる。

 軍中の典獄、あるいはその人にあらずして、以って三軍死生の事に任ず。  われ甚だこれを懼る。(魏書・武帝記)
(軍の司法官の中には、適格者でもないのにその職務につき、全軍の生死に関わる仕事をしているものがいる。非常におそろしいことだ。)

「能力主義」は現代ですら完全に行なわれていない。まして三世紀のはじめの中国では、これは革命的な考えたかたであったといえる。
「軍中の典獄」・「三軍」を他の職種、組織に置き換えれば、いま我々の周辺でも立派に通用する言葉であると言える。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-03 21:45 | 三国志・・曹操

三国志 非常の人・曹操

 非常の人、超世の傑というべし。(魏書・武帝記)
(曹操は並外れた人物、世に抜きん出た英雄であった)

 三国志を編纂した陳寿は曹操の戦略能力と管理能力を評価する。
すなわち、「漢の末は天下が大いに乱れ、諸雄が割拠した。中でも袁紹が最強であったが、曹操はたくみな戦略を立てて天下を駆け巡った。」といい、さらに人材をよく用いたため成功できたものだとして、まさに「非常の人、超世の傑というべし」と結論づけている。

 曹操の人物評については、「治世の能臣、乱世の姦雄」、もしくは、「乱世の英雄、治世の姦賊」というのもあり、見方によってこうも違うと言うところが面白い。

 材をさずくるに、おのおのその器により、情を矯めて算に任せ、旧悪をおもわず。(魏書・武帝記)
(人材の登用は、それぞれの能力に応じ、私情を抑えて合理的に行い、過去は全く問わなかった)、

 これも陳寿が曹操を評した言葉である。
曹操は人材を集めるのに極めて熱心であった。前歴がどうであれ、優れた能力があり、今役立つのであれば誰彼を問わなかった。
まさに「白い猫だろうと黒い猫だろうと、ネズミを捕る猫は良い猫だ」と言う事になる。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-03 17:28 | 三国志・・曹操

三国志 曹操の遺言

219 建安24年 曹操は劉備との対峙を中止して長安に引き上げる(5月)。曹操、長安から洛陽に戻る。関羽敗死の報(10月)
220 建安25年 関羽の首級とどく。数日後曹操病死(正月)

 曹操は蜀に対する外線作戦をみずから指揮しているさなか、洛陽で客死する。かって若き郎官として、当時首都だったこの地を踏んでから50年近い歳月が流れた。

 小説「三国志演義」と違って、正史「三国志」に記された曹操が、政治家としてすぐれた資質を持っていたのがわかる。
その最期を記すくだりにも「超世の人傑」である事を示す。

天下なお未だ安定せず、
未だ古に従うを得ざるなり。葬おわらば、みな服を除け。(魏書・武帝記)

(天下がまだ定まっていないいま、古来のしきたりに従って形式ばったことなどしておられぬ。
わしの葬式がすんだら、全員直ちに喪服をぬげ)。

建安25年(220)正月、曹操は関羽との戦いを終えて洛陽に帰還した。追いかけるようにして、孫権から関羽の首級が送られてきた。
小説では、呉の呂蒙もまた関羽の霊に取り殺されてしまう事となる。関羽・曹操・呂蒙の死を巧みに結びつけた作者・羅漢中の腕前は誠に見事である。

それから数日して曹操は死んだ。「魏書・武帝記」は
「王、洛陽に崩ず、年六十六なり」とあるだけで、死因については何の記載もない。

曹操の遺言は
「将兵は駐屯地を離れてはならぬ」・「官吏は職務に励め」・「わが遺体は平伏で包み、墓中に金や宝石などをおさめてはならぬ」などと事細かく指示している。
古代の権力者には稀に見る合理的な考え方である。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-03 08:59 | 三国志・・曹操

三国志 関羽の最後

211 建安16年 劉備の蜀(益州)入りにさいし、関羽を荊州に残して、軍・政を総括させる。 
219 建安24年 関羽、北伐にいくも、その留守を狙って、呉の呂蒙が江陵を占領。 関羽は引き返す途中で敗死する。

  天下に雄名をとどろかせた関羽が何故敗亡を遂げたのか?
しかも関羽は直前まで勝ち続け、曹操は都を移す事まで考えていたのにである。

「三国志」の著者・陳寿が関羽の敗因を冷静に分析する。

羽、剛にして自らほこり、飛、暴にして恩なく、短を以って敗を取るは、理数の常なり。(蜀書・関張馬黄趙伝)

(関羽は、剛勇にすぎてうぬぼれが強く、張飛は粗暴で思いやりがなく、こうした短所によって破滅したのは、当然の成り行きであった。)

 孫権をして、関羽打倒の為に曹操との共同作戦に踏み切らせた原因のいくつかは関羽が作りだしたものである。呉・蜀の関係がまだそれほど険悪となっていなかった頃の事、孫権がわが子の妻に関羽の娘を迎えたいと申し入れた。ところが関羽は「その使いを罵辱して婚姻を許さず、権大いに怒る」と言う結果を生んでしまった。(蜀書・関羽伝)

 関羽の北伐は一時成功するかにみえたが、一挙に劣勢に陥ったのは、本拠の南郡、江陵と公安を孫権側に奪われたからであり、この両城がやすやすと陥落したのは、留守を預かっていた二人の武将が裏切ったからである。

 そしてこの二人が寝返った原因は、やはり関羽がつくりだしたのだ。
彼等二人の武将は、常々関羽から軽視されたのを快く思っていなかった。そこで今度の作戦の物資補給でもそれほど熱が入らなかった。前線の関羽はこれに腹を立て「帰ったらただではおかぬ」と公言した。
それを聞いた二人は不安に駆られ、孫権側の誘いに乗って城を引き渡したのである。

 このように見てくると、歴史家・陳寿の評は当を得ていると言わざるを得ない。自信を持ちすぎるあまり他者への思いやりの欠如、政治性の無さ、短見、こう言ったものがどういう結果をまねくか、英雄のはかない最期がこれを教えてくれる。

しかし、中国人社会における関羽の人気は大変なものである。
剛勇で陽性、しかも信義に篤いというイメージが定着しているのである。
それは悲運の最期を遂げた豪傑を惜しむ人情であり、主として文学者・羅貫中の「三国志演義」によって形成されたものである。
ここまで来ると、小説と言っても、その影響は甚大であり単なる史実以上の重みを持ってくる。
[PR]
by kenji1942 | 2005-07-02 21:06 | 三国志・・曹操
建安23年(218)、劉備は漢中にむかって兵を起こすが、
陽平関(蜀から漢中への関門)で苦戦したので蜀の兵を大動員して曹操と争う。
曹操はこれに反撃する為、みずから長安に至って本営を構え、漢中の将兵を督戦する。
翌24年(219)劉備は攻撃に出て魏将・夏侯淵を討ち取る。この報を受けた曹操は自ら出馬。
長安を出発し蜀の桟道を通って漢中にむかう。

曹操の親征をむかえ、劉備は天険を利用して万全の準備を整え豪語する。
曹公来たるといえども、よくなすなからん。われ必ず漢川を保たん」(蜀書・先主伝)
はたして曹操は数ヶ月も攻めあぐみ、脱走兵が続出した。
曹操、漢中を諦めて引き上げる。時に曹操64歳。

曹操を追い払い、ついに漢中を領有した劉備は、建安24年(219)7月、漢中王となる。
本来は皇帝から封ぜられるわけでだが、諸臣120人が奉戴して献帝に上書し、劉備が衆議に従いやむなく受けるという形で王を名乗り、漢中郡および巴・蜀・広漢の領有を宣言する。

時に劉備59歳であった。
[PR]
by kenji1942 | 2005-06-30 21:47 | 三国志・・曹操