天才!信長から歴史の散歩道へ


by tyuzuki715
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

             古代ローマ 王系の断絶

 紀元前509年。
王制を打倒したローマ人は、二度と王をいただかない自由人となることを高らかに宣言して、和制国家として再出発した。

 そして、その後暫らくは、王政復帰を策す最後の王・タルクィニウスを後援するエトルリア人との戦闘や、誕生したばかりの共和制ローマをこの機に餌食にしようと狙う、近隣諸部族との戦闘に忙殺されて過ごす。

 この間国内は、これらの外敵への防御で、ごく自然に挙国一致の体制にあった。

そのうちに最後の王・タルクィニウスも、王の息子達も、亡命の地で客死したり戦死したりして、王系は断絶する。
叉、近隣の諸部族も、ローマ軍のしぶとい抵抗の前に再びおとなしくなった。

かくして、新生ローマを襲った危機は、ひとまず乗り越えることに成功したのである。

 ところが、それと入れ代わりに、共和制ローマは大問題を抱え込む事となった。
以後百年以上にわたってローマを二分することになる、貴族対平民の抗争である。
[PR]
by kenji1942 | 2007-12-04 18:30 | ローマ帝国の興亡